WEBマーケティング

WordPressテーマ【事業の目的別おすすめベスト5】EC・ポートフォリオ・企業など

更新日:

WordPressのテーマは数が非常に多く、自身の事業に合うベストなものを探すだけでも大変な作業になってしまいます。

そこで今回は事業の目的別にWordPressのテーマを厳選して紹介しています。

テーマは有料のものでも4千〜1万円程度なので、先行投資として考えれば決して高いものではありません。

ここで「なにか無料で良いものは…?!」と無料にこだわってしまうとなかなか決まらず泥沼にハマりがちです。

WordPressはしっかり作り込めばかなり優秀な集客ツールになってくれます。

自身の事業と照らし合わせて、ドンピシャなものを選ぶようにしましょう!

フリーランスの「事業内容+ブログ」に適したテーマ

まずはフリーランスに1番多いであろう「事業の案内を入れつつ、ブログ記事での集客がやりやすいテーマ」ですね。

基本的にWordPressはブログを得意としており、お役立ち系記事から自身の事業に繋げるような「コンテンツマーケティング」との相性が良いです。

サイト設計や記事の導線を整えることでユーザーにとって良いコンテンツとなり、重要な集客ツールとなってくれます。

1.WING(AFFINGER5)

当サイト「FREELANCE STRATEGY」でも採用しているのが「WING(AFFINGER5)」です。

元々はアフィリエイトをやる人向けに特化したテーマなのですが、非常にカスタマイズしやすくビジネスサイトにも十分使えます。

広告配置用のウィジェットは記事別で違うものを設定することもできますので、記事ごとにターゲットを分けて商品をプッシュすることも可能です。

また、AMPといった新しい技術に積極的に対応してくれるのもAFFINGER5の魅力であるといえます。

設置ボタンのクリック率の計測を可能にする「 AFFINGER PACK 」だとさらに強くサイトを構築することができます。

2.STORK

ブロガーに非常に人気のあるのがこちらのSTORKですね。

HTMLやCSSといった言語が全然わからない初心者の人でも、おしゃれに簡単に扱えるテーマです。

「モバイルファースト」をコンセプトに作られたテーマですので、スマホでの使い勝手は非常によくできています。

ランディングページ作成機能やショートコードの実装もありがたい機能ですね。

3.Writing

事業によっては「洗練されたシンプルなイメージ」を出したい場合もあるでしょうが、こちらの「Writing」であれば無駄のないデザインを提供することが可能です。

装飾がかなり少なくなっているのでテキストに焦点を当て、主に「読み物」としてのアウトプットをすることができます。

自身の考え方や社会的な内容のブログを書くような人には向いているテーマですね。

4.UNWIND

グローバルメニュー+ヘッダー画像という定番のトップページでありながらシンプルな記事ページで構成されているのが「UNWIND」です。

サイドバーエリアにはインスタグラムと連携させて画像を表示することもできるので、インスタグラムでの集客を目的としているフリーランサーにとって嬉しい仕様でしょう。

慣れてきたら実装されているポートフォリオ機能やショップ機能を使うのも良いですね。

5.Palmas

トップページのレイアウトが美しく、記事のアイキャッチ画像が引き立ちやすいデザインとなっています。

記事が溜まってくると記事を埋もれないようにするのが難しいのですが、これなら工夫次第でどうにでもなりますね。

ブログとしての運用にも向いてますので、メインのサイトにプラスしてブログを立ち上げたいといった場合にも役立ちそうです。

インスタっぽく写真をメインにした「ポートフォリオ型」のテーマ

商品や作品をカッコよく見せるなら「ポートフォリオ型」のテーマがおすすめです。

特にカメラマンさんのように写真ありきな商売の人は外すことはできないでしょう。

配列方法や余白の取り方に注目してテーマを選んでもらえればと思います。

1.Hempstead

「Hempstead」はシンプルで配列の美しいポートフォリオテーマです。

写真や作品を前面に出したいようなクリエイティブ系の事業をやっている人にはぴったりのテーマではないでしょうか。

すぐに一味違うWEBサイトを構築することができますね。

2.Aware

「Aware」はスマホで見たときの配列や使い勝手が良く、ブログとポートフォリオの中間のようなデザインのテーマです。

これまでの実績を前面に出したいようなデザイナーの人に向いているテーマですね。

3.GK Portfolio

シンプルなマテリアルデザインが特徴的なのが「GK Portfolio」です。

浮き出たカードデザインがやさしさを醸し出してるテーマになっていますね。

この手のテーマとしてはかなり完成度が高いのではないでしょうか。

4.Portfolio

大きいヘッダー画像が印象的なポートフォリオ型のテーマです。

PC表示では不規則に、スマホ表示では同サイズに画像が整えられて表示されます。

記事のアイキャッチ画像は横幅いっぱいに広がり、画像に強い印象をつけることが可能ですね。

無料の中ではおすすめです。

5.Espied

PC表示ではこれぞグリッドレイアウトといったような全画面同サイズのアイコンが並びます。

メニューは全画面の切り替えなのでユーザーにも使いやすいでしょう。

ポートフォリオレイアウトでありながらも、ブログ記事はしっかり読み込めるデザインになっています。

 

小売り事業を展開するための「ECサイト型」のテーマ

「インターネット上で何かを販売したい」と考えている場合、通販用に作られているテーマがおすすめです。

小売業の人はもちろんですが、バンドやアイドルグループのグッズ販売でもECサイトをしっかり構築しておくことで収益を上げることができます。

昔は制作会社に頼むとショッピングカート機能をつけるだけで百万円以上かかるものでしたが、WordPressならサクッと実装できてしまいますね!

1.The Retailer

いきなりカッコいい動画のヘッダーが出てくる「THE RETAILER」です。

製品ページは読みやすく、買い物カゴヘの追加ボタンも良い感じですね。

カラーに応じて画像が切り替わる点は嬉しいポイントです。

2.Neighborhood

シンプルなレイアウトのトップページが印象的な「Neighborhood」です。

WooCommerceを利用したショッピングサイトを構築することができ、もちろんブログ記事を投稿することも可能です。

通販部分を縮小して「基本はブログ、時々通販」のようなサイトも作りやすそうですね。

3.The Restaurant

レストラン向けに作られたテーマですが、WooCommerceを導入することでショッピングカート機能を実装できます。

メニュー用のページがあるので、美容師やサロンの運営にも適したテーマですね。

様々な用途で使えそうです。

4.Virtue

シンプルな外観が特徴のWooCommerceを利用した人気のある無料のテーマです。

ポートフォリオや記事ページも読みやすくなっています。

プレミアム版(有料)だとさらに細かいカスタマイズができますね。

5.Fukasawa

シンプルなデザインがカッコいい「Fukasawa」です。

ショップ機能が付いている訳ではないですが、オーダーメイド系の事業など「注文の前にまずお問い合わせが欲しい」といった場合にはコンセプトを前面に押し出すのも有効です。

テーマがシンプルなので、画像で統一感を出すとブランディングしやすくなります。

事業の案内板として使いたい「企業サイト型」のテーマ

WEBサイトを事業の案内板として使う場合、ブランドイメージや事業の分かりやすさを伝えることが大切です。

ブログやショップを運営するにしてもメインの企業サイトを先に作る人もいますので、複数のサイトを持つ予定の人は企業サイト型のサイトを先に作ってしまうのも良いでしょう。

1.Massive Dynamic

「Massive Dynamic」のデモを見ればわかりますが、初心者でも簡単に設定できるユーザーインターフェイスが特徴的です。

66個のテンプレートから自在にWEBサイトを構築できますので、できることはかなり多いですね。

有料ですが先を見据えてこのようなテーマを選ぶのも良い選択です。

2.Jobify

定番のシンプルな構造のテーマが「JOBIFY」です。

2つのデモを見ることができますが、片方はプレミアムプラグインを含まないもの、もう片方は有料なものを含む様々なプラグインを統合したデモになります。

企業サイト的なレイアウトにショップ機能を付けるといった方法も取れますね。

3.Zephyr

トップページの大きなヘッダー画像とスクロールする度に出てくるアニメーションが特徴のテーマです。

近代的な印象を付けることができますね。

ポートフォリオパターンやブログのレイアウトも設定可能なので、様々な目的に対応したテーマですね。

4.Parallax One

無料テーマなら「Parallax One」がおすすめです。

シンプルで汎用性が高く、事業に必要な情報は入れることができます。

記事コンテンツを軸に事業を行うのであれば装飾はあまり必要ないこともありますね。

5.Sydney

「Sydney」も無料テーマながらに重要な点を抑えているテーマです。

トップページにCTAボタン(コールトゥアクション)を設置できますので、事業に役立たせることができますね。

初心者でもそれなりにカッコいいページを作ることができます。

ニュースサイトやマガジンサイトの運営に適したテーマ

ブログやオウンドメディアなど、読み物を中心にサイトを構築する場合は専用レイアウトを使うとユーザーにもやさしいです。

人気のあるマガジンサイト系のテーマを紹介します。

 

1.Goodnews

カスタマイズが簡単なのが「GOODNEWS」で、個人的にも好きです。

記事のレイアウトやサムネイルサイズの変更はもちろん出来ますが、ポートフォリオやショップページもしっかりしていて何でもできるテーマになっています。

デモの左上の歯車アイコンでカラー設定など出来るのでいろいろイジってみてください。

2.Gadgetine

3カラムのヘッダー領域がスライダーで動くのが特徴的なテーマです。

トップニュースを引き立たせたいようなサイトはこのヘッダーが向いていますね。

スマホのメニュー表示は何だか近代的で良い感じです。

3.Metro

無料のマガジンサイトテーマでおすすめなのはこちらの「METRO」です。

トップページ・記事ページ共におしゃれでイイ感じです。

気に入ったら有料バージョンもあるので試してみるのも良いですね。

4.Jarida

「Jarida」はマガジンサイトに不可欠な動線を十分に確保し、ユーザーの滞在時間を高くするように設計されています。

ソーシャルカウンターは特徴的ですね。

レイアウトやメインカラーなどを自由に設定することができ、機能はかなり豊富です。

5.Newspaper

個人で運営するマガジンサイトであれば無料テーマでも十分ですね。

サムネイル画像のバランスが良いので、ブログとしてもまとまりやすいでしょう。

広告スペースが設けられている点も良いです。

 

まずは目的を絞ることから

「とりあえずこんな感じのWEBサイトが欲しい」程度の戦略では、ユーザーは訪問してもすぐに離脱してしまいます。

特にスマホがメインの現代では、

  • 最初に目に止まるものが何か
  • ユーザーにとって重要な情報をすぐに見つけられるか

という2点は非常に重要です。

ご自身の事業と照らし合わせ、ドンピシャなWordPressテーマを選ぶ参考にしてください。

求人サイトランキング

フリーランスとしての仕事を探している人はこちら。
営業活動としても、収入アップ策としても非常に有効な案件が多数あります。


総合ランキングの写真
サポートが手厚い求人案件の写真


エンジニア系に強い求人案件の写真
プログラマーに強い求人案件の写真


ライター系に強い求人案件の写真
デザイナー系に強い求人案件の写真

-WEBマーケティング

Copyright© フリーランスストラテジー , 2018 All Rights Reserved.