マーケティング

失敗しないビジネスモデルの作り方|5つの基本を押さえよう

投稿日:

ビジネスモデルを作っている写真

「ビジネスモデルの作り方がわからない」
「具体的に何から考えればいいんだろうか?」
「自分が作ったビジネスモデルで稼げるかどうか心配」

新しく自分でビジネスを始めたいときは、分からないことがたくさんありますよね。

「まわりのみんなが副業をやっているから」「今は副業がブームだから」と簡単に考えて始めるのはよくありません。

失敗しない、あとから後悔しないためにも、ビジネスモデルの作り方の基本をおさえておく必要があります。

この記事では、ビジネスモデルの作り方を5つの要素にわけて、コンパクトにご紹介しています。
基本を理解しているかどうかで、新しく作ったビジネスの結果が変わってきます。

ビジネスモデルを作り方の5つの要素

ビジネスモデルの作り方の5つの要素は、「やりがい」「自分のスキル」「お客様のニーズ」「利益の計算」「市場の成長・継続」です。

数式に当てはめてみると、

①やりがい × ②スキル × ③ニーズ × ④利益 × ⑤成長・継続 = ビジネスモデル

と説明ができます。

このように数式にして見てみるとイメージがしやすいですよね。
当たり前のように思えるかもしれませんが、うっかり考えていなかったりすることもあります。

この5つの要素を掛け合わせると、ビジネスモデルが作れます。
それでは5つの要素について具体的に紹介します。

①やりがい

やりがいのない仕事は長く続きません。
これは会社員として働いているときも、フリーランスとして働くときも同じです。

「どういうときに自分が仕事のやりがいを感じているのか」を改めて考えてみましょう。
ビジネスを続けるために必要なことです。

新しく始めるビジネスは、最初からうまくいかないこともあるでしょう。
苦しい状況の中で続けていくためにも、自分がやりがいを感じる仕事を基準に考えるべきです。

「仕事のやりがい」について、普段はあまり意識していなかったりしますよね。
仕事のやりがいの感じ方は、人によってさまざまです。

  • 自分の好きなことができる
  • お客様に喜んでもらえた
  • 結果を出したときの達成感

毎日の仕事がワクワクの連続だったら、とても充実した時間がすごせます。
大切なことですからじっくり考えてみましょう。

②自分のスキル

ビジネスモデルを作るために、自分のスキルを把握しておくことが大切です。
自分ができないことや苦手なことは仕事になりませんよね。

やることは簡単です。
「自分ができること、得意なこと」をリストに書き出します。
自分の頭の中であれこれと考えるより、実際に書いた方がスッキリ整理ができます。

リスト化することで、客観的に自分のスキルがわかるんです。
意外と自分で自分のことがわかっていなかったりするので、事前に整理をしておきましょう。

スキルは自分の商売道具ですから、きれいに並べておけばアピールしやすくなります。
お客様から見ても分かりやすくなるので一石二鳥です。

  • 知識や経験
  • ノウハウ
  • これだったら誰にもまけない

何でも屋よりも、自分の強みがしっかり出せるスキルの方が結果につながります。
そして次にもつながりやすいです。

③お客様のニーズ

ビジネスはお客様がいなければ成立しません。
いくら自分がすごく得意なことでも、それを必要とするお客様がいなかったら意味がありませんよね。

必要なことは事前のリサーチです。
「自分のスキルを必要としてくれるお客様」を具体的にイメージしておく必要があります。

お客様の悩みや困っていることを解決するのがビジネスです。
悩みごとや困っていることは次の方法で探せます。

  • ヤフー知恵袋などを使って調べてみる
  • 知り合いに聞いてみる

意外と「自分の頭の中で考えているニーズ」と「実際のニーズ」がズレていることがあります。
客観的なリサーチをして、お客様のニーズをはっきり整理しておきましょう。

④利益の計算

ビジネスは利益が出なければ続きません。
事前に「どのくらいの売上を考えているのか」をイメージしておく必要があります。

最初から大きな売上をあげることは難しいので、現実的な数字を考えておきましょう。
売上をつくるためには、単価と客数が必要になります。

売上 = 単価 × 客数

単価を調べるためには、ライバルになる会社を調査すれば相場がわかります。
相場より安くすれば自分の利益が減りますし、高くすれば売れません。

「売上」を「単価」で割ると「客数」が出てきます。
毎月どれだけのお客様を集めればいいのかわかります。

最初からイメージどおりの結果にならないときも、具体的な目標の数字があればそれに向けて修正していくだけです。
目標の数字がない状態で、やみくもに「少ない」「足りない」とあせっても良いことはありません。

⑤市場の成長・継続性

ビジネスは続くことが大切です。
流行りのブームにのって簡単に稼ぐことができても、それが続かなかったら意味がないですよね。

失敗しないためにも、自分が考えているビジネスの市場(マーケット)を調査します。
これは正直なところ、なかなか難しいです。

簡単にできたら全員のビジネスが成功していますからね。
経済の動きや技術の進化など、いろいろな角度からビジネスの将来を考えてみます。

ビジネスの市場(マーケット)が、

  • 成長していく可能性があるかどうか
  • 長く続いていく可能性があるかどうか

をみていきます。

ここは必要以上に時間をかけて考えておくポイントです。
ビジネスの将来がかかっている大事なところですからね。

自分のわからないところは、積極的に知っている人に確認したり教えてもらうべきです。
同時にネットや本で幅広く調べていくと理解が深まります。

5つの要素を掛け合わせる

自分で考えた5つの要素を掛け合わせてみます。
1つのビジネスモデルが完成しているはずです。

①やりがい × ②スキル × ③ニーズ × ④利益 × ⑤成長・継続 = ビジネスモデル

最初からうまくビジネスモデルが作れなくても大丈夫です。
自分で考えて調べることを繰り返していけば、少しずつなれてきます。

完成したビジネスモデルについては、できれば自分が相談できる・信頼できる人にみてもらってください。
良いアドバイスがもらえることがありますし、新しい改善点がみつかることもあります。

5つの基本をおさえて新しいビジネスを成功へ導く

ビジネスモデルを作るときは、まず5つの要素にわけてみると具体的に考えることができます。

最初に5つの要素をそれぞれ考える。次にできあがった全体を見直してみる。
全体を見直して気がついたことを修正するために、また5つの要素を考え直す。

何度も繰り返していくうちに、自然と無駄のないビジネスモデルができあがります。
失敗しない、あとから後悔しないためにも、5つの基本をおさえてビジネスモデルを作っていきましょう。

人気記事BEST3

人が求人を出している様子の写真 1

最近はクラウドソーシングサービスが多いですが、正直なところ本気で独立を目指すのであれば向いていません。 というのも、クラウドソーシングサービスでは自分の時間を使って仕事を取らなければならないからです。 ...

2

「満員電車はもう嫌だ」 「上司の顔色を伺って、残業はもうしたくない」 「フリーランスに興味はあるけど、どんな仕事があるの?」 フリーランスで活躍する人が増えてきました。 この記事を読んでくださっている ...

wordpressの図解 3

WordPressのテーマは数が非常に多く、自身の事業に合うベストなものを探すだけでも大変な作業になってしまいます。 そこで今回は事業の目的別にWordPressのテーマを厳選して紹介しています。 テ ...

-マーケティング

Copyright© フリーランスストラテジー , 2019 All Rights Reserved.