マーケティング

成功するフリーランスは適切な戦況分析から行う

更新日:

戦況分析をしている写真

「フリーランスとして働くにはマーケティングを勉強しないとダメなのか…?」

フリーランスで働くことを考えたときに、何から調べればいいのか分かりにくいですよね。
何も調べずに勢いだけでスタートしても、成功する確率は少ないでしょう。

失敗しないために必要なことが「マーケティング」です。
そして、マーケティングの第一歩として「戦況分析」を覚えましょう。

正確なマーケティングは適切な戦況分析がなければ成り立ちません。
マーケティングを成功させれば、ビジネスの無駄を省くことができ、成功率を上げることができます。

こちらの記事では戦況分析の方法について紹介しています。
マーケティングの第一歩ですので、ご自身の状況に当てはめながら読み、実践していただけると幸いです。

戦況分析の具体的な考え方

戦況分析を次の4つに分けて考えます。

  1. 自分のスキルを理解する。
  2. お客様(ニーズ)を理解する。
  3. ライバルを理解する。
  4. 自分のビジネスと社会のつながりを理解する。

①自分のスキルを理解する

フリーランスにとって、自分のスキルは大切な商売道具です。
ビジネスに通用するかどうか、まず最初に分析しましょう。

  • 自分の能力
  • 得意なこと
  • 苦手なこと
  • 知識・ノウハウ
  • 自分の性格

「イラストを描くのが得意」「プログラミングが得意」「文章を書くのが得意」などは自分の強みです。

反対に「接客が苦手」「時間に縛られたくない」「満員電車が苦手」などは弱みになります。

また、自分の性格を理解しておくことも大切です。
日頃から無駄のない仕事の進め方や正確なスケジュール管理を心がけましょう。

それから、自分のスキルを理解したあとに、ビジネスの進め方(ライバルとの戦い方)を考える必要があります。
できるだけ効率的な方法が望ましいです。

自分一人でできることや使える時間は無限にありません。
ここで重要になる考え方が、「伸びる(勝てる)部分を選んで、そこに集中する」です。

自分の強みと弱みを理解した上で、強みに集中して伸ばしながらビジネスを進めていきます。
ただし、強みだからといって、むやみに集中するのはよくありません。

自分のスキルとビジネスの「成長性」がどれだけあるか、によって柔軟な対応を取るべきです。
成長する可能性が高ければ、今まで以上に集中して取り組みましょう。

反対に成長性があまりなければ、別のことを考えて新しい行動を取るべきです。

自分の弱みについても対策を考えておきましょう。解決策は視点を変えると簡単にみつかります。
自分でやらずにできる人にお願いする、これが答えです。この方法を外注すると言います。

苦手なことに時間を使うより、外注することでビジネスを効率的に進めましょう。
もちろん費用が発生しますが、それ以上に時間短縮の効果があります。

このように、まず自分のスキルを分析する。次に効率的に進めるためには何がベストなのかを考えていく。
ケースバイケースで臨機応変な行動を取ることで、ビジネスの成功する確率が上がります。

②お客様(ニーズ)を理解する

お客様の分析をしないと、効率的なアプローチは不可能です。
対象の範囲を絞って無駄を省きましょう。

  • 性別
  • 年齢
  • 独身か既婚か
  • 子どもの有無
  • 年収
  • 住居地

を考えて、具体的なお客様のイメージ像を考えます。
抽象的なイメージ像ではアプローチがブレて何も伝わりません。

次に、実際のお客様の心の中を掘り下げて考えます。

自分のビジネスのサービスや物を購入した理由。
根本的な悩みは何か。
好きなことや嫌いなことは何か。
日常生活で考えていることは何か。

お客様と直接お会いするケースでも、間接的にパソコンの画面を通したやりとりでも、真剣に相手のことを考える気持ちが大切です。
お客様にその気持ちが伝わることで、深い信頼関係ができて次のビジネスにつながります。

今はネットで調べれば色々なことが分かり、幅広い情報を簡単に手に入れることが可能です。
クラウドサービスを利用してアンケートを取る方法もあります。

ほかにも、友人や知人の中からお客様の立場に近い人を選んで、実際に話を聞いてみるのも1つです。
リアルな悩みや要望を聞くと新しいアイデアにつながります。

また、街中を歩けばリアルな情報収集ができますし、ライバル店舗に行って調査する方法も有効です。
活用できるデータはどこにでもありますから、常にアンテナを張り巡らし、自分のビジネスのお客様(ニーズ)につながるかどうかを考えましょう。

③ライバルを理解する

近くの同業者だけがライバルとは限らないので、広い視点が必要です。
身近な例として、「ロゴデザイナー」と「エステ」で考えます。

自分のブログやサイトのロゴデザインを依頼するときは、どのように依頼されますか?

以前は、知り合いのデザイナーさんに依頼するケースが多かったでしょう。
今は「クラウドソーシング」を利用するケースが多いです。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」には、全国13万人のデザイナーが登録されています。
公式サイトに掲載されている実際のロゴマークコンペの事例をみると、100以上の提案がされているケースがいくつもありました。

次に、エステのライバルといえば、今はホットヨガです。エステのマッサージと比べて、ホットヨガは運動をして汗をかきます。
体を動かすことでストレス発散にもつながって大人気です。

このように、デザイナーは全国のライバルと競合し、エステは違う業種のホットヨガと競合する関係になっています。

④自分のビジネスと社会のつながりを理解する

社会の変化はビジネスに大きな影響を与えます。
社会とのつながりを分析することで、ビジネスを有利に進めることが可能です。

  • 法律
  • 税率
  • 景気

法律による規制が変われば、関係する仕事の内容は大きく変わります。
消費税のように税率が高くなれば、仕事の依頼が減るでしょう。
景気が悪くなれば、節約から依頼の減少につながります。

ここで重要なポイントは、社会の変化に幅広く対応できる準備をしておくことです。

「社会、経済の変化」「技術の進化」について、ネットや新聞、書籍で調べたり、専門家や詳しい人に話を聞いて積極的に情報を入手して、日頃から分析しておきましょう。

具体的には「信頼関係の強い取引先を作っておく」「リピーターを獲得しておく」「貯蓄をしておく」といった対応策が必要です。

また、積極的に地域との関わりを持つことで、新しいビジネスチャンスにつながります。

例えば、近所の方たちに自分のビジネスを知ってもらう目的で、スキルを活かした「◯◯教室」を始めるのも1つです。

そこで上手く行けば口コミで評判が広がり、新しいお客様の獲得につながります。

正確な戦況分析がビジネスを成功に導く

戦況分析は決して難しくありません。客観的に自分を見つめ直し、強みと弱みを理解した上で、ビジネスの相手を絞って効率的なアプローチを考える。

自分の目の前のことだけではなく、幅広い視点をもって色々な角度から考える姿勢が重要です。
今は戦況分析に必要なデータが色々な場所で簡単に手に入ります。
正確な戦況分析をしてビジネスを成功に導きましょう。

人気記事BEST3

人が求人を出している様子の写真 1

最近はクラウドソーシングサービスが多いですが、正直なところ本気で独立を目指すのであれば向いていません。 というのも、クラウドソーシングサービスでは自分の時間を使って仕事を取らなければならないからです。 ...

2

「満員電車はもう嫌だ」 「上司の顔色を伺って、残業はもうしたくない」 「フリーランスに興味はあるけど、どんな仕事があるの?」 フリーランスで活躍する人が増えてきました。 この記事を読んでくださっている ...

wordpressの図解 3

WordPressのテーマは数が非常に多く、自身の事業に合うベストなものを探すだけでも大変な作業になってしまいます。 そこで今回は事業の目的別にWordPressのテーマを厳選して紹介しています。 テ ...

-マーケティング

Copyright© フリーランスストラテジー , 2019 All Rights Reserved.